磐田青年会議所スローガン つなげよう心と心想いと想い絆がつくる未来の創造

トップページ > 事業報告

事業報告

第44船JC青年の船「とうかい号」磐田市から乗船

「とうかい号」は、公益社団法人日本青年会議所東海地区協議会の主催する事業として今年で44年目を迎えます。詳しくは公式HPへ↓

tokaigo.com/44thsen/about.html

 

そんな「とうかい号」に磐田市から乗船したメンバーがいます。この、研修船に乗ったメンバーは、船で得た友人や学びをフルに地元磐田に落とし込んでくれる事を期待しています。

[この記事のタグ] 

2017-06-01

輝く人になるインプレッショントレーニング®講座 磐田青年会議所



5月20日(土)醍醐荘において、いわしん若手経営者の会サクセス21の皆さんとセミナーを合同開催いたしました。

「輝くひとになるインプレッショントレーニング®講座」と題し、ホンマでっか!?TVなどメディアでも大活躍されている亜細亜大学教授重太みゆき先生をお招きしました。

印象行動学に基づくインプレッショントレーニング®という最新の学問を当日80名を越える方と一緒に勉強いたしました。

髙橋理事長の所信に「輝くひとになる」いう文章があります。私たちが輝き、ひとりひとりが輝けば、私たちの住む町も明るく輝く街になるという髙橋理事長の思いを今回のセミナーの中で参加者の方々に伝わったのではないかと思います。

 かがやくまち磐田を目指し、これからの事業にも邁進して行きたいと思います。

 

いわしん若手経営者の会サクセス21鈴木全体会長様をはじめとします役員の方々、また磐田信用金庫の皆さま、この度は共同で事業を行うきっかけを頂きありがとうございました。この場をお借りしましてごあいさつさせていただきます。

[この記事のタグ] 

2017-06-01

一般社団法人 磐田青年会議所 5月度例会

一般社団法人 磐田青年会議所の毎月定例の例会を行っております

磐田市は2008年の約17.6万人の人口をピークに総人口が減少しております。今後人口の減少が磐田市にどのような影響があるのか?

町づくり団体として活動してる青年会議所は、この問題に取組み、明るい豊かな社会を目指すべく

事業を計画します。

7月16日に「渚の交流館」にて、磐田の魅力発信事業として

「いわた愛 なんしょ 渚の交流館に 来てみない!!in交流館」を開催

地域の魅力を体験できる事業である事は間違いなし( `ー´)ノ

 

磐田青年会議所と一緒に活動をしたくなる?

是非、御連絡下さい。

[この記事のタグ] 

2017-05-18

わんぱく相撲磐田場所開催in上野公園 5月14日

磐田市内の子供が競い合う「ジュビロ磐田杯わんぱく・市民すもう大会」(磐田市スモウ連盟・磐田青年会議所が合同で主催)が14日、同市国府台、上野公園の市営相撲場で開かれた。

約60人が参加し、学年別の「小学生の部」や「未就学児の部」などにわかれ、総当たりで競い合った。まわし姿の子供たちは元気に体をぶつけ合い、保護者から歓声があがっていた。

青城小4年の大橋弘誠くん(10)は相手の足を両腕で抱え仰向けに倒す「足取り」で相手を圧倒、優勝した。大橋くんは「柔道で鍛えたおかでで勝てた。皆強かったから楽しかった」っと語りました。 

磐田青年会議所メンバーは廻しのシメ方も学び、伝統文化の大切さを学び、そして、地域の小学生が参加をしやすい方法を毎年模索している。

青少年事業こそが、明るい豊かなまちつくりと考えるからであります。

 

[この記事のタグ] 

2017-05-17

磐田軽トラ市 5月14日  磐田JC参戦

JR磐田駅北側の「ジュビロード」を歩行者天国にし、軽トラックの荷台で野菜や果物、海産物、工芸品など多種多様な商品の販売を行い、消費者、生産者、商業者等の相互交流を深めると共に賑わいの創出を目的とした、磐田市の名物事業に、磐田青年会議所も参戦。

磐田青年会議所(磐田JC)のブランド力を高めるべく、PR活動を行いました。

磐田JCメンバーには、たくさんの事業者がいますが、中には農家をやっているメンバーもいて、野菜を寄付して頂きました。 その野菜や米は見事に完売( `ー´)ノ

磐田JCのチラシ・缶バッチなども、軽トラ市を楽しむ市民の方々に気持ちよく受け取って頂きました。磐田青年会議所は確実に地域に根付いている事を実感できる事業でありいました。

[この記事のタグ] 

2017-05-17